愛のひとさじ

このごろ、あのケーキを
焼くこともなくなっている。
そうだ、いつもはバースデーにしか
作らないのだが、
特別、愛のひとさじを入れて
近々焼いてみよう。
夫が単身赴任から、
帰ってくるのにあわせて。

ブログ

星に願いをかける時、心を込めて臨むなら、きっと願いはかなうでしょう

時間のプレゼント ある年の母の日に息子が私へのプレゼントとしてNYから帰省してくれると言ってきた。それは最高のプレゼントだ。彼の存在そのものがプレゼントなのだから。娘からも母の日に何が欲しいか訊かれて、「時間を頂戴」と答 …

ニューヨークで混んでいる、地下鉄に乗るコツは?

芸人の町 五月になって思い出すのは昔、息子のNYU(ニューヨーク大学)の卒業式にニューヨークを訪ねた時のことである。 ニューヨークの地下鉄はわかりやすいし、どこに行くにも二ドル(今は二ドル五十だとのこと)というのはありが …

プロフィール

竹下 弘美

立教女学院、立教大学法学部卒
旺文社書籍編集部勤務
1968年 韓国人の夫との結婚で日本で暮らすことができずに渡米
北米ホーリネス教団 /ロサンゼルス・ホーリネス教会にて受洗
米国ニコン(NPI)勤務後退職
カリフォルニア州在住
著書:地に平和(いのちのことば社)
共著:アメリカ日系人のキリスト(ハーベストタイム)
愛と命への出発 (いのちのことば社)

受賞歴:
第一回 あかし文学賞 佳作受賞
第一回 ペンライト賞優秀賞受賞
第三回 ペンライト賞優秀賞受賞
羅府新報社新年懸賞随筆
北米毎日新年懸賞エッセイに多数入賞

お問い合わせ

当ブログへのお問い合せは下記のフォームメールからお願いいたします。尚、ご質問の内容によっては返信出来かねる場合もございますことをご了承下さい。