愛のひとさじ

このごろ、あのケーキを
焼くこともなくなっている。
そうだ、いつもはバースデーにしか
作らないのだが、
特別、愛のひとさじを入れて
近々焼いてみよう。
夫が単身赴任から、
帰ってくるのにあわせて。

ブログ

窓から差し込んでくる朝日のような存在、私の友人、マーガリートの事

この頃やっていること この度の自宅待機のおかげで、家の中の整理に励んでいます。出てくる写真を眺めたり書類を分類したりで、かなり時間がかかっていますが、時間はたっぷりあります。書いたものが多く出てくるのは、私はやはり、書く …

私自身のメモリアルサービス・プログラム企画 – 今夢中になっている事

この際、何をするか 自宅待機命令が出てからの日々、結構忙しく毎日が過ぎていきます。この際、何か目標を決めてそれを達成するために、クオリテイータイムを過ごしている方もいるでしょう。一方、こんなときのために、見ていなかった1 …

一枚の写真から

この写真が昨日友人から送られてきました。友人の御主人と、息子さんから一時的に預けられた犬だということでした。 見た瞬間、この一人と一匹の背中が私に語りかけてきました。私が何も言わなくてもこの写真をご覧になった方はみなさん …

プロフィール

竹下 弘美

立教女学院、立教大学法学部卒
旺文社書籍編集部勤務
1968年 韓国人の夫との結婚で日本で暮らすことができずに渡米
北米ホーリネス教団 /ロサンゼルス・ホーリネス教会にて受洗
米国ニコン(NPI)勤務後退職
カリフォルニア州在住
著書:地に平和(いのちのことば社)
共著:アメリカ日系人のキリスト(ハーベストタイム)
愛と命への出発 (いのちのことば社)

受賞歴:
第一回 あかし文学賞 佳作受賞
第一回 ペンライト賞優秀賞受賞
第三回 ペンライト賞優秀賞受賞
羅府新報社新年懸賞随筆
北米毎日新年懸賞エッセイに多数入賞