愛のひとさじ

このごろ、あのケーキを
焼くこともなくなっている。
そうだ、いつもはバースデーにしか
作らないのだが、
特別、愛のひとさじを入れて
近々焼いてみよう。
夫が単身赴任から、
帰ってくるのにあわせて。

ブログ

スイートピーに囲まれたメモリアルサービス

絵の才能を持つ友の存在 本物の柿が飛び出してくるかと思うようなこの絵とモデルになった(?)その方のお宅でなった柿をいただきました。私の大好きな柿の季節到来です。 この絵に続いて、また柿の絵とは対照的な淡い色合いのスイート …

そよそよと風も吹き、まるで天国のようなひととき〜天国体験の1日

子育てを一緒にしたプレイグループの方がご夫妻で日本に帰国する決心をされたという知らせがきました。 そこで昔の仲間が集まって一人の方のお宅のお庭で送別会をしようという提案でした。コロナが少し収まってきていますが、お庭ですれ …

プロフィール

竹下 弘美

立教女学院、立教大学法学部卒
旺文社書籍編集部勤務
1968年 韓国人の夫との結婚で日本で暮らすことができずに渡米
北米ホーリネス教団 /ロサンゼルス・ホーリネス教会にて受洗
米国ニコン(NPI)勤務後退職
カリフォルニア州在住
著書:地に平和(いのちのことば社)
共著:アメリカ日系人のキリスト(ハーベストタイム)
愛と命への出発 (いのちのことば社)

受賞歴:
第一回 あかし文学賞 佳作受賞
第一回 ペンライト賞優秀賞受賞
第三回 ペンライト賞優秀賞受賞
羅府新報社新年懸賞随筆
北米毎日新年懸賞エッセイに多数入賞