愛のひとさじ

このごろ、あのケーキを
焼くこともなくなっている。
そうだ、いつもはバースデーにしか
作らないのだが、
特別、愛のひとさじを入れて
近々焼いてみよう。
夫が単身赴任から、
帰ってくるのにあわせて。

ブログ

悲しみをシェアすると、それは半減し、幸福をシェアすると倍加します。

是非みなさんに披露したいメールで回って来た次のような話がある。 病院の窓 「同じ病室に二人の重病患者がいました。一人は肺から水を採るために毎日午後一時間はベッドに座る事が許されていました。 彼のベッドは部屋に唯一の窓の傍 …

子供や次の世代へ私達が残していく贈り物は?

姪の結婚祝いの贈り物 日本にいる姪の結婚が決まって出席することになった時のこと。私にとってはただ一人の姪。お金だと簡単だけれど、形にならないから記念になる品物をあげたいと思った。 物だとそんなに金額を張らなくてもいいし、 …

プロフィール

竹下 弘美

立教女学院、立教大学法学部卒
旺文社書籍編集部勤務
1968年 韓国人の夫との結婚で日本で暮らすことができずに渡米
北米ホーリネス教団 /ロサンゼルス・ホーリネス教会にて受洗
米国ニコン(NPI)勤務後退職
カリフォルニア州在住
著書:地に平和(いのちのことば社)
共著:アメリカ日系人のキリスト(ハーベストタイム)
愛と命への出発 (いのちのことば社)

受賞歴:
第一回 あかし文学賞 佳作受賞
第一回 ペンライト賞優秀賞受賞
第三回 ペンライト賞優秀賞受賞
羅府新報社新年懸賞随筆
北米毎日新年懸賞エッセイに多数入賞

お問い合わせ

当ブログへのお問い合せは下記のフォームメールからお願いいたします。尚、ご質問の内容によっては返信出来かねる場合もございますことをご了承下さい。