愛のひとさじ

このごろ、あのケーキを
焼くこともなくなっている。
そうだ、いつもはバースデーにしか
作らないのだが、
特別、愛のひとさじを入れて
近々焼いてみよう。
夫が単身赴任から、
帰ってくるのにあわせて。

ブログ

本当の母親とは」~ 4匹のノラ子猫の里親になって(5)【最終版】

夢のひと時を与えてくれた子猫達  「子猫達を飼い主に引き渡したら、きっと喪失感に襲われるわよ」、と言われていましたが、初めからわりきっていたことと、私はそういう感傷に浸るタイプではないので、大丈夫と思っていました。 とこ …

4匹のノラ猫の子供たちのその後~ノラ猫の里親になって(4)

4匹の行方 最後のラブちゃんがアメリカ人の14歳のマリンちゃんにもらわれてから1週間以上が経ち、すっかり我が家になじんでいたラブちゃん(名前はOllieちゃんになったのですが)のしぐさや可愛さが思い出される毎日です。 最 …

最後の一匹も、もらわれていきました〜ノラ猫の里親になって(3)  

我が家で引き取ることにするか ラブちゃんの貰い手からお孫さんとお嫁さんのため、引き取れないという知らせが来た直後、「それでは我が家で飼う?」ちらとそんな思いが頭をかすめました、と前号の最後に書きました。 一昨年、15年飼 …

プロフィール

竹下 弘美

立教女学院、立教大学法学部卒
旺文社書籍編集部勤務
1968年 韓国人の夫との結婚で日本で暮らすことができずに渡米
北米ホーリネス教団 /ロサンゼルス・ホーリネス教会にて受洗
米国ニコン(NPI)勤務後退職
カリフォルニア州在住
著書:地に平和(いのちのことば社)
共著:アメリカ日系人のキリスト(ハーベストタイム)
愛と命への出発 (いのちのことば社)

受賞歴:
第一回 あかし文学賞 佳作受賞
第一回 ペンライト賞優秀賞受賞
第三回 ペンライト賞優秀賞受賞
羅府新報社新年懸賞随筆
北米毎日新年懸賞エッセイに多数入賞