愛のひとさじ

このごろ、あのケーキを
焼くこともなくなっている。
そうだ、いつもはバースデーにしか
作らないのだが、
特別、愛のひとさじを入れて
近々焼いてみよう。
夫が単身赴任から、
帰ってくるのにあわせて。

ブログ

「天寿を全うする」とはどういうことか―樋野興夫先生の言葉から

友人からの手紙    ご主人を亡くされた日本の友人、弘子さんからご挨拶状と小包が届きました。グレーの文字の一般向けの御挨拶状に加えて、彼女の手書きの手紙が添えられていました。 遅くなったと思われたのでしょう。小包は国際ス …

ゴスペルバンドの先駆けのザ・メッセンジャースの母〜手作りプレゼントで曾祖母の愛を伝える

先回、この欄に「祖母の愛を手作りプレゼントで伝えたら」という事を書きました。その直後、知人の織田菊子さん(97歳)がお孫さんではなく、曾孫さんたちに編み物をしているという情報が入りました。 写真を送っていただいたので、こ …

手作りプレゼントで祖母の愛を孫たちに伝える

手作りカード 昔子供が小さいときに日系人母親クループでプレイグループを作っていました。(「愛のひとさじ、愛とは時間をかけること」参照) 愛とは時間をかけること そのグループでは毎週、子供を連れていろいろな公園に遊びに連れ …

プロフィール

竹下 弘美

立教女学院、立教大学法学部卒
旺文社書籍編集部勤務
1968年 韓国人の夫との結婚で日本で暮らすことができずに渡米
北米ホーリネス教団 /ロサンゼルス・ホーリネス教会にて受洗
米国ニコン(NPI)勤務後退職
カリフォルニア州在住
著書:地に平和(いのちのことば社)
共著:アメリカ日系人のキリスト(ハーベストタイム)
愛と命への出発 (いのちのことば社)

受賞歴:
第一回 あかし文学賞 佳作受賞
第一回 ペンライト賞優秀賞受賞
第三回 ペンライト賞優秀賞受賞
羅府新報社新年懸賞随筆
北米毎日新年懸賞エッセイに多数入賞