一枚の写真から

この写真が昨日友人から送られてきました。友人の御主人と、息子さんから一時的に預けられた犬だということでした。

見た瞬間、この一人と一匹の背中が私に語りかけてきました。私が何も言わなくてもこの写真をご覧になった方はみなさん、感銘を受けられたのではないでしょうか。いつまでも見ていたい写真です。

「親の背中を見て育つ」ということわざがありますが、背中というのは本当に語ってくれるというのがこの友人の御主人の背中と一匹の背中を見てつくづくわかりました。

この方と犬は何も言わずに遠方を見ています。安心して、二人(?)の間にしっかりした信頼関係があるということが、誰にでもわかる背中です。何も語らずに、共にいるだけで幸せ、なんとすばらしいことでしょう。二人(?)は同じ方向を見ています。希望をもって。

神様、私達の願いをきいてください。そんな声がきこえてきます。
                                   
竹下弘美


にほんブログ村 「心のやすらぎ」ブログ へ
ライフスタイル・心のやすらぎ・ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

“一枚の写真から” への7件の返信

  1. おはようございます。そうですね、犬と一体になって愛し合ってるんですね。犬は、賢くて優しいですね。みならわないといけませんね

  2. 犬は主人を徹底的に信頼しますよね。私たちの信仰も主を信頼して同じ方向(天国)をめざして生きていくことですよね。

  3. 初めまして!素敵なお写真ですね♪
    ご主人とワンちゃん同じ方向を見て 何を感じているのでしょうか(^^♪
    この後ろ姿の写真ってなんだか この方の人生が見えてくるような気がしてきますね!

  4. ご主人とワンチャン、同じ姿勢で同じ所をジッと見ていますね。
    何故か、全く違うのに、大きなお巡りさんと小さい男の子がカウンターに座って(後ろ姿)首を向き会って話している絵を思い出しました(有名な絵だそうです)。その絵を見るたびにほっこりし笑みがこぼれるのです。だからなのでしょう、この写真もほっこりしましたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)