夢の実現、アイスクリームトラックからアイスクリームを買いました。

アイスクリームトラックが来るネイバーフッド

昔、誰からだったか、アメリカの住宅街でアイスクリーム屋さんのトラックが回ってくるような所は貧しい地域だと聞きました。

その人によると、親が子供をディズニーランドに連れて行く事ができないような住民の所にアイスクリーム屋さんが回ってくるというのです。その親達は、高い入場料のデイズニ―ランドに連れて行かれない分、せめてアイスクリームで子供を満足させるという論理でした。

2年前に引っ越して来た今の家の周りには時々、音楽を流しながら、アイスクリーム屋さんが通るのです。なるほど、我が家を含めて、この近所は決して、富豪の邸宅ではなく、小さな小人の住むような家ばかりの街並みです。

バナナスプリットアイスクリーム

いつか買ってみたいと思っていましたが、トラックはいつも走り去ってしまって、またわざわざ追いかけるほどでもなく、いつか、買える時があるだろうと思っていました。

今日、キャッシュが無くなって夫が銀行に行って現金をもって帰ってきた直後、あのオルゴールのアイスクリーム屋さんの音楽が流れて来ました。そして、どういうわけか我が家の斜め前に停まったのです。その途端、「あ、現金がある、買おう」と私は家の外に飛び出しました。

誰もお客がいないのに、トラックは停まっていました。覗くと、メキシカンのおじさんが出て来て、私は看板に出ていたバナナスプリットを注文しました。

「ストロベリー、ピスタチオ、バニラ、クッキーアンドクリーム、どれがいい?」

こんな大きなものでした。「5弗」と言われ思わず、「高い」と言いましたが、手渡されたアイスクリームはすごい大きさでした。

手を付ける前に写真を撮るべきでしたが、食べ始めてから気が付いて写真を撮りました。

とても美味しく大量過ぎて、二人で食べても、老夫婦の私達では食べきれませんでした。一番下にバナナ、その上にストローベリーアイスクリーム。そして、生クリームがどっさり。ナッツがふりかけられていました。

夢がかなえられて幸せなひと時でした。ディズニーランドに行かなくても十分幸せな気分にさせられました。私達にはディズニーランドで疲れるよりこの方が良いです。5弗は高くはありませんでした。

きっと現金が手に入ってすごくお金持ちの気持ちになって買いたくなったのかもしれませんし、トラックが私のために待っていてくれたのかもしれないとさえ思えます。

まだアイスクリームの半分は冷凍庫で眠っています。

竹下弘美


にほんブログ村 「心のやすらぎ」ブログ へ
ライフスタイル・心のやすらぎ・ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


“夢の実現、アイスクリームトラックからアイスクリームを買いました。” への6件の返信

  1.  小さい頃、母の里に行くと良くアイスクリームトラックならぬアイスキャンデー自転車がチリンチリンとベルを鳴らしながらきていました。一面田畑で駄菓子屋さん一つない所でしたから、チリンチリンが聞こえると家を飛び出していって買っていました。写真にあるような豪華なアイスクリームではなく、棒のついたアイスキャンデーです。それでもとても楽しみにチリンチリンが聞こえるのを待っていました。
     冷凍庫に半分残っているアイスクリームご馳走して頂けませんか?

  2. ごめんなさい、少し遅かった、食べてしまいました。私もアイスキャンディの棒状を想像して買いに出たのですが、すごく立派で驚きました。

    ところで紙芝居屋さんの思い出は?

    1. 紙芝居は家の近くに二人の紙芝居屋さんが来ていました。一人のあだ名が孫悟空だったのを思い出しました。カチカチカチと音がすると家をそっと抜け出して居ました。母が余り紙芝居でそれらを買うのがすきではなかったのです。だから他の子供たちはあの当時50銭だったと思うのだけど、それで水飴か昆布(だったかな?)を買ってみていました。でも我々はお金を貰うことが出来なかったので買う事が出来ず後ろの方でこっそりと見ていました。時にはお金を出してないものは追い払われていました。意地悪ですね。あっ、只見していたこちらの方が悪かったのか。
       アイスクリーム、残念!!

  3. 同じです、親は不潔だから絶対だめというのよね。わたしもこっそり見に行って怖い紙芝居で長い間悪夢でした。同じ世代だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)