死とは永遠に続く素敵な昼寝―キャサリンヘップバーン

人生の黄昏 「六十歳代はいわば、人生の黄昏の時であり、良い日没を迎えるために備える年代である」     知人の還暦祝いの時のこと。サプライズパーティーでとても御本人は喜ばれた。そして、彼女のお姉さんからのこのような祝いの …