老後の唯一の楽しみ~綿菓子からマンゴへ

屋台の魅力 子供のころ、お祭りの出店を巡り歩いて、綿菓子を買ったりするのが好きでした。 残念ながら、そのような母親に育てられたのに、娘は自分の子供達、つまり私の孫達に綿菓子を食べさせるのはもってのほか、お砂糖の塊だと許し …

感謝祭を迎えるにあたって感謝することは?  

手抜き料理 夫と二人だけの食事ですから、いつも手抜きが多いです。日に3回作るのですから、手抜きでも許されるでしょう。 もっぱら、使わなくなった炊飯器で炊飯器クッキングをしています。 この写真はおでんですが、紀文のおでんセ …

ケアパッケージ、愛の具体化〜息子夫婦の訪問

我が家にNYから息子とお嫁さんが2日間だけお忍び(?)で訪ねて来ることになりました。パンダミックになって、この6か月、誰にも会っていないので、訪ねて来たいけれど良いかと、慎重でした。 体温計で熱を測り、お互いマスクをして …

ラ・ビ・アン・ローズ(バラ色の人生)―美しい人-美しい生き方

シャンソン、ラ・ビ・アン・ローズ(バラ色の人生) 日本に帰る時にはよく、遠い親戚のシャンソン歌手、竹下ユキのライブに行きます。そこで、いつもリクエストして彼女に歌ってもらうのは、「ラ・ビ・アン・ローズ」。 エディット・ピ …

セピア色の思い出2〜笹子の駅で声をはりあげていたわさび漬けやさん

今年は新型コロナウイルスのために安く買っておいた日本行の切符をキャンセルしなければなりませんでした。いまごろ、秋の日本を楽しんでいたでしょうに残念です。 毎回日本に行って必ず買って帰るものはわさび漬けです。今ではアメリカ …

BLM 全米に広がる人種差別問題から、短編「雨上がり」4

いよいよ最終編です。ただみなさんにメイの年齢のことをお断わりしなければなりません。これは私が20年前に書いたものです。 文中でベトナム戦争の最中に彼女の目の前で両親が殺されたということが出てきますが、1970年にメイが4 …

BLM 全米に広がる人種差別問題から〜短編「雨上がり」3

雨上がり2までのあらすじ 窓から外の雨景色を見ながら、良子は落ち込んでいた。昨夜、27歳になる息子のマークが、ベトナム人との結婚話を持って来たのだ。たしかに良子は長女の結婚の時にも反対した。でもまさか、マークが4歳も年上 …