死とは永遠に続く素敵な昼寝―キャサリンヘップバーン

人生の黄昏 「六十歳代はいわば、人生の黄昏の時であり、良い日没を迎えるために備える年代である」     知人の還暦祝いの時のこと。サプライズパーティーでとても御本人は喜ばれた。そして、彼女のお姉さんからのこのような祝いの …

面食い

気に入った顔、気に入らない顔 私はとてもいいかげんな(良くいえば大らかな)性格なのだが、変なところにこだわる。人の顔にもかなり好き嫌いがある。 禿げていた父は「その人がどうしようもないことで、人を判断してはいけないよ」と …