コロナ太りにあたって(マッシュルームを1ポンド買いたいという夢)

 コロナ太りの原因

もう自宅軟禁(?)が始まってから5ヶ月にもなります。毎日家の周りを30分歩くようには心がけていますが、週一回、完全武装しての食材購入のほかは、出歩いていません。

毎日、手軽な運動は動画に合わせて心がけてやっていますが、外に出ないので、前の生活より、運動量はかなり減っています。

家にいると、甘い物は好きではないのですが、おせんべいなどの炭水化物類をすぐ口に入れてしまい、体重計を見るのが怖いです。

新型コロナウイルスのために定期健診の血液検査も延ばしているので、掛かりつけのお医者さんに太りすぎと言われる事もなく、目をつぶっています。

マッシュルームとの出会い

マッシュルームがセールだったので、久しぶりに買いました。思えばマッシュルームとの出会いは渡米直後、メキシコ国境に近い都市、サンディエゴのホテルの宴会場でのウエイトレスをした時の事です。(前にも書きましたが、英語習得と収入を得るため、私は宴会場のウエイトレス、夫は同じホテルのコーヒーショップでバスボーイをしていました)

私達夫婦が日本にいたころには、キノコの種類は椎茸しか無かったのではないでしょうか。

ウエイトレス仲間のフランス系アメリカ人のおばさん、ラ・ルーが「おいしいよ」と生のマッシュルームにお塩をちょっとふりかけてくれたのです。

その情景が今でも思い出されます。半袖の黒い上下に白の縞が入ったサロンエプロンの制服でした。日本ではまだ生野菜をあまり食べていなかったころです。しかもマッシュルームには馴染みがありませんでした。

そしてそのおいしさに感激しました。アルバイト先で、2,3個食べるのではなく、買ってみました。

でもそのころいくらだったかは覚えていませんが、せいぜい半ポンドしか家計が許しませんでした。その時から、「いつか、マッシュルームを心おきなく1ポンド買いたい」というのが夢になりました。

そして今それは実現しましたが、あの時のおいしさは感じません。

昔「たといそうでなくとも」という本を書かれた安利淑先生が天皇を参拝しなかったために日本政府から、死刑の宣告を受けて牢屋で、飢えに苦しんだ時の話を思い出します。

囚人仲間の誰かが、皮のベルトを手に入れ、それをみんなで取り合いになった時、彼女は分けてもらえなかったのだそうです。

その時、「もし娑婆に出る時があったら、皮のベルトをいっぱい食べてやる」と思ったけれど、終戦になって開放された後、ベルトを食べたいなどとは思わなくなったという話を聞きました。

マッシュルームも思う存分手に入らなかったから、おいしく感じたのかもしれません。

世界の飢え

今日、日本国際飢餓対策機構から、ハンガーゼロ・ニュースが送られて来ました。それによると1分間に17人、1日に2万5千人、1年間で1千万人が飢えで亡くなっているそうです。コロナ太りなどと贅沢な事は言っていられない状況です。

私達にできる事は10月16日の世界食糧デーに協力したり、献金したりする事でしょうか。

世界に飢えと戦争が無くなる日、そして、新型コロナの無くなる日が来ますように。

*「たといそうでなくても 安利淑著」待晨社

*国際飢餓対策機構

竹下弘美


にほんブログ村 「心のやすらぎ」ブログ へ
ライフスタイル・心のやすらぎ・ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


“コロナ太りにあたって(マッシュルームを1ポンド買いたいという夢)” への4件の返信

  1. 弘美さん
    国際飢餓の事に関して記事に加えて下さり感謝です。
    多くのアメリカに住む日系の皆さんが世界飢餓の援助のために
    「愛の手」に献金を捧げて頂いており、貧しい子供たちに一人でも元気で活きてほしいと願っています。
    食料デーに向けて活動がなされていますが私達も毎日食べる事の
    出来ない人の為に支援できれば幸いです。
    藤川

  2. マッシュルーム、大好きです。特に生が。
    若いころ、日本にもチラホラありました。とても高かったです。母と買い物に行って、それを見つけたら、マッシュルームを買って、と遠慮がちに言ってたものです。いまは1パックを心置きなく買っています。
     ハンガーゼロは永久に無くならないものでしょうか。私の身近な方は料理が残ると、捨てるように言われます。私は絶対にすてません。こそっと取って置きます。それは2度とだせません。私がいただきます。今現在でもどんどん餓死している人がいるというのに、残ったからといって捨てる、賞味期限が切れたからと言ってすぐ捨てるなど私にはできません。
    それらを飢餓地域にすっと送ることが出来たらどんなにいいでしょう。
     

    1. 雅凛子様

      日本でマッシュルームを買われていたとはモダンな生活をされていたのですね。
      捨てられないのは私もです。飢えている人がいるのですものね。

      同じ思いで感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)