履きやすい靴

シリコンバレーという地

私達家族四人は何年か前に夫の仕事の関係で南カリフォルニアのオレンジカウンティからサンフランシスコの南、通称シリコンバレーという地に引越してきた。そのころはこれほどのヘビートラフィックではなかった。このごろのトラフィックのひどさと家の値段の値上がりはすごい。

ばかげた値段だ。しかもそれを競って買い、アスキングプライス以上でなければ手に入らないという異常事態。ちなみにワンベッドルームでもハーフミリオン代でみつけられる家はない。

誰が買えるかと思うのだが、買い手はコンピューターエンジニアだったり、シリコンバレーの株で儲けている人達だという。若いのにお城のような家に住み、定職についていない類の人にも度々出くわし、どこから、収入を得ているのかときくと多くはシリコンバレーの会社への投資が、生活源だという。

コンピューターの会社があるためにそこからの寄付がもらえるマウンテインビュー市やパラアルト市の高校のコンピューター設備は凄い。スタンフォード大学のある、パラアルトスクールディストリクトの高校では普通の公立高校では一年三千ドルしか費やさないところ、一年七千ドルを一人の生徒にかけているという。

第一に先生達の質が違う。その高校の先生になれたことを誇りに思っている。結果的にとても質の高い授業が受けられる。そうすると、親達はその地域に子供を行かせたく、また、家の値段があがることになる。

実際、学業程度はとても高く、私の子供達はエレメンタリースクールとジュニアハイの時に引越してきたのだが、追い付くまで、泣く思いだった。成績がローカルの新聞に発表され、フォーポイントゼロだと、ゴールドカードが支給されて、昼食を買うのにも優先的に買える。

またそのカードだとジュニアハイ主催の月一度のダンスの日には、お金を払わないでいいというくらい(ほかの生徒は四ドル払わなければならなかったのだが。)成績の良いことが優先されて、ひどい所にきてしまったという感を持った。

オレンジカウンティでは遊ぶ所がいっぱいあったし、夏はプール三昧の毎日だったが、こちらでは,遊びといえば、映画かモールに行く程度で、自然に勉強に費やす時間が多くなるともいえるだろう。

大学見学のための説明会

先日、十一年生の息子の公立高校で、大学見学のための説明会があった。春休みに自分の行きたいと思う大学の見学に行くように、そうすると、行く気が起こるし、また、これからの四年をその大学が本当にあっているかどうかわかるという趣旨のものだった。

このごろ、有名志望校に入ったものの、肌にあわずにやめる子がふえているからだろう。まず、成績がどうかというファクターは当然だが、次に田舎がいいか、都会が自分の好みか、親からどのくらい離れたいか、また、健康上、気候も問題だという。

喘息持ちの子供はロスの大学はやめた方がいいとか、また、社交もそのファクターで、大きな大学がいいか、それとも小さい大学の方がその子にあっているか、実際の授業を見てくることを薦められた。

東部の大学の地図などが手渡されたところをみると、アイビーリーグを狙う生徒たちが多いのではないか。実際に卒業生名簿も配られたが、アイビーリーグ、UCではバークレー大が多かった。

スタンフォード大には、この高校から毎年ニ十名以上行くというのだがそれは土地柄、その子達の親の多くが卒業しているからだという。説明をききにきていた父兄の中にプリンストン大学とエール大学の面接を担当する親達がいたのも驚いた。 

彼らはプリンストン、エールの卒業生で、こちらで、志望する子供達の面接をするのだという。けれど、そんな中で、大学進学相談員のアドバイザーは次のような話をしてくれた。

飛ぶことも跳ねることも自由自在な靴

「靴やさんで、皆ある限定された高価なブランド物の靴に殺到し、競争で無理して、買おうとします。でもその靴はある人には履きにくくて窮屈です。一方、店の片隅に安くて、履き良い靴がいっぱいあって、とても履き心地がよく、飛ぶことも跳ねることも自由自在。全米には三千の大学があります。どうぞ今お話したファクターを考慮に入れて無理して、有名大学だけを目指さないように」 

日本の受験生の親達にもきかせたい良いアドバイスだった。だが、果たしてこの席にいた父兄達には、説得力があったかどうかわからない。聞くところによると十年生のころから、いわゆるSATの塾に行かせたり、あるいは家庭教師やパーソナルアドバイザーをつけている家が多いということだから。
 
ここにきて初めてアメリカ社会は日本以上に学歴社会で、競争社会であることを痛感させられている。でもあのアドバイスに従ってわが息子には、 履きやすい靴を履いてもらいたいものだ。

竹下弘美


にほんブログ村 「心のやすらぎ」ブログ へ
ライフスタイル・心のやすらぎ・ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)