「Expire」とは終結する、という意味で人生を全うすることです

夕方、夫が急に「やっぱり病院に行かなければだめだ」と言い出しました。胸が苦しくて、経験上心臓の血管が、また詰まりかかっているようだと言うのです。

「急いで」と言われてすぐ自動車を出しました。私が猛スピードで運転している間に、夫はニトログリセリンを口に入れました。しばらくすると、「もうそんなに急がなくても少し楽になったから」とニトログリセリンが効いてきたようです。

夫は前に心筋梗塞をし、詰まったところにステントを二本入れました。心臓の筋肉が普通の40パーセントしか働いていません。その後もときどきこのようなことがあるのです。

今まで何回も emergencyで入院したことがあるので、私にとっても慣れた道で、いつもの 病院のemergencyの入り口で夫を降ろしました。車の中で待っているように言われ、入り口の車寄せで待ちました。全然車は通りません。

左の駐車場もがらがらです。入口の前にはコロナのテスト用らしきテントが張ってありますが、人気(ひとけ)はありません。

しばらくすると、警備員のような人が私の車の窓口にやって来て、「いくら待っても今は患者以外病院の中には入れませんから、電話連絡するでしょうから、お家に帰って待ってらっしゃい」と言いました。

その後、夫からも電話があり、すでに受付けしてもらったから大丈夫だというので、家で待機することにしました。もう夜でしたが、しばらくして、薬の投与で落ち着いていること、入院することになるという報告がありました。すでに安全な手の中にいるので、安心です。翌朝、検査をいろいろするということでした。

次の日も検査は終わったものの、検査の結果は、心臓に異常なし。いつも係りの心臓の先生にも会えて、新しい薬を処方され、その日また病院で過ごして、翌日帰宅しました。血管が詰まって新たなステントを入れなければならないかなと思っていたのですが、そんなことはなさそうです。

翌日からその薬を飲み始めたところ、気持ちが悪くなり、血圧が異常に下がりました。そこで、心臓の先生にアポイントメントをとり、詳しくこの度のことを聞くことにしました。

今回は、細い血管の部分の血液の通りが悪かったらしく、ステントを入れることはできずに、薬で抑える以外ないとのこと。血圧が下がる副作用のない薬を処方してもらい、今それを飲み始めました。

先日、我が家のシャワーの冷たい水の方の出が悪くなり、みてもらったところ、この写真のように管が詰まっていました。夫の血管の詰まりを思いました。90年も経った家ですから、無理もありません。

ですから私達の人間の身体でも長く生きていたら、故障が出てくるのは当然でしょう。全能の神様が創られた身体ですが、それを大事に最期までメインテナンスしていく必要があります。

日本語では賞味期限、あるいは消費期限にあたる英語の言葉は expiration date です。そして、時としては死亡することをexpire と言い、死亡した際にHe is expiredと言い表すことを、ある時に聞いてなるほどと思いました。

私達もこの地上での有効期限があるのです。その期間をよくメインテナンスして、有効に使い切って逝きたいものです。

竹下弘美


にほんブログ村 「心のやすらぎ」ブログ へ
ライフスタイル・心のやすらぎ・ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


“「Expire」とは終結する、という意味で人生を全うすることです” への2件の返信

  1. Expireは終結するという意味ですか。
    He is expired。・・・成程。人にも使うとはしりませんでした。
    先生は大丈夫ですか。私の母も何箇所か何か(何ていうのか忘れました。)を入れていました。やはり痛みで何回も入院し治療をしたようです。私は遠くアメリカ、この地にいたのでこういう言い方しかできません。その繰り返しで106歳まで頑張りました。106歳が母のExpireでした。
    発作が起き治療するのは辛いでしょうが、先生も遠い先のExpireまで生を全うしてください。

  2. 遠い先と言ってくださってありがとうございます。
    神様はすでに彼のexpiration dateをご存知でしょうから、お任せしてまーす。

    それにしてもお母上は106歳とは凄かったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)