炊飯器クッキングの手抜きチーズケーキで、クリスマスを祝いませんか?

愛のひとさじが入っているスポンジケーキ

このブログのタイトル、「愛のひとさじ」は子供が小さいころ、よく焼いたイチゴのショートケーキのレシピです。まだ子供がいないころ、貧しかった私達はすでにもう存続していないそのころの大きなデパート、May Companyのセールで清水の舞台から飛び降りるような気持ちで、大きな電気泡立て器を買いました。当時の私達にとっては贅沢品でした。

スポンジケーキの基本のレシピを夫と試しつつ、気に入らなくて、卵の量を少しづつ増やしていき、私達なりの満足のいくレシピを作りあげました。まだ新婚で、夫はなにもかも私と一緒にやってくれていた時代でした。

家族のお誕生日には、いつもこのケーキを作り、また家族だけではなく、友人達の誕生日にも焼いて喜ばれました。 先日、三十年以上も会っていなかった方から、「あなたにお誕生日に美味しいケーキを焼いていただいたのよ」と言われ、その方の顔はわかるのですが、名前を思い出す事ができませんでした。そのくらい作っていたのです。

手抜き料理

12回目のこの度の引っ越しで、この四十年くらい使っていた泡立て器のボールの部分がまだ見つからない状態です。それもいいわけのひとつですが、このごろスポンジケーキを作ることはなくなりました。その後友人から教わったビスコッチも私のものにしましたが、大体は手抜き料理専門の私です。

最近そんな私にぴったりな炊飯器料理に出会いました。他の炊飯器クッキングのレシピをウェブで見ていましたら、そのお惣菜の下にチーズケーキのレシピがあったのです。材料を入れて炊飯器のスイッチを押すだけなので、すぐやってみました。

感激です。私にピッタリのものです。分量をアメリカ向けにしたものを下記いたします。

クリームチーズ 一箱(200g)こちらのものは226gですがそのまま使いました。
パンケーキミックス 120cc  卵一個  
砂糖 180cc (200ccでしたが甘すぎたので、減らしました)
ミルク 200cc  レモン汁 大匙2

全部をミキサーで混ぜて炊飯器に入れスイッチを押す。竹串をさして、まだくっつくようだったら二度焼きをし、冷蔵庫で冷ます。私の炊飯器の場合、二度焼きしないと柔らかすぎます。

そして、このようにちょっとデコレーションでごまかせば(私の得意な分野です)結構お客様に出せます。もちろん、スポンジケーキの時と同じように愛のひとさじを振り入れる事をお忘れなく。

メリークリスマス

竹下弘美


にほんブログ村 「心のやすらぎ」ブログ へ
ライフスタイル・心のやすらぎ・ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

3 Replies to “炊飯器クッキングの手抜きチーズケーキで、クリスマスを祝いませんか?”

  1. 私も以前はしょっちゅうケーキをつくっていました。チーズケーキ、スポンジケーキ、カステラ等々。つくっては食べ、食べては作るということを繰り返していました。来客の度にお出しし、貴女のケーキは?と催促されるほどでした。
     でも今も作りたくてウズウズしているけれど、思うに任せません。
    腕も落ちたとおもいます。炊飯器レシピ、チャンスがあれば作ってみます。手抜きするのはだーい好き、人後に落ちませんから。

  2. そうそう、
    ひろみさんの愛情あふれるゴージャスな
    いちごのショートケーキは、しっとりしていて とても美味しかったです!
    懐かしい!
    食べ物の記憶って、いつまでも残っているものなんですね。
    今度、チーズケーキも真似してみたいと思います。愛のひとさじいらなくちゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)