悲しみをシェアすると、それは半減し、幸福をシェアすると倍加します。

是非みなさんに披露したいメールで回って来た次のような話がある。

病院の窓

「同じ病室に二人の重病患者がいました。一人は肺から水を採るために毎日午後一時間はベッドに座る事が許されていました。

彼のベッドは部屋に唯一の窓の傍にありましたが、あと一人は起き上がる事もできず、部屋の反対側にいて四六時中、ベッドに横たわっていなければなりませんでした。

同室の彼ら二人は、それぞれの妻や家族の事、仕事の事、家の事、休暇を過ごした時の事や、軍での経験などお互いにいつも話し合っていました。

毎日午後、肺から水を採るためにベッドに座る一人は、その度にルームメートに窓から見える外の模様を話してくれました。

寝たきりの男はその一時間、彼の話を聞いて、窓の外の世界を想像し、いつも元気付けられていたのです。

彼は窓の下には公園があって、湖があること、子供がおもちゃの舟を走らせている間を縫ってあひるや白鳥が泳いでいる事、恋人達が腕を組んで歩き、遠くの市街の様子も見えるというふうに、詳しく話してくれていました。

一人は目をつぶり、彼が話す事を想像して楽しんでいました。ある暖かい日の午後には、パレードが通過していると話してくれました。

バンドの音は聞こえませんでしたが、話を聞いている一人は、心の中でその様子をいろいろ描いて楽しんでいました。

何日も何週間も経って・・・・・・

ある朝看護師が水を持って来ると、窓際の人は安らかに睡眠中に亡くなっていました。看護士は、病院の係りの人を呼んですぐ彼の死体を運び出す手配をしました。

取り沙汰が一通り終わったから、残された一人は、窓際にベッドを移してもらえないかと、看護師に頼みました。

看護師はすぐ彼を窓際に移し、彼がちゃんと居心地良く過ごせるかを確認してから、部屋を去りました。

彼は、亡くなったルームメートが話していた窓の外の世界を見たいと、おそるおそるベッド際の窓の外を見てみました。驚いたことに、その窓は壁に面していたのです。

彼は看護師を呼んで、亡くなったルームメートがなぜ外の世界が素晴らしいなどど嘘をついたのか、訊いてみました。

『あの方は目が不自由で、この壁さえ見えなかったはずですよ』と、看護師は答えました。『きっとあなたを力付けようと思ってそんな作り話をしたのでしょう』」

人間は生の最後までだれかに何かを与える事ができます
「自分がどんな状況にいても他の人を幸福にするという事は、自分自身をとても幸福にします。

悲しみをシェアすると、それは半減し、幸福をシェアすると、それは倍加します。もし豊かさを味わいたかったら、自分の持っている物で、お金で買えない物を数えてみる事です」と、この話は結ばれていた。

同じ窓からでも壁しか見えないか、楽しい情景を見ようとするか、それは一人ひとりの考え方によるだろう。

この事は、私のこのブログの「でんでんむしの悲しみ」という題の中で、「悲しみをどのくらい喜びに変えて生きて行く事ができるか、それはその人それぞれにかかっている」と書いたが、それと重なるし、初めの頃に書いた「もう一つの世界」とも重なって来る。

その際には日野原先生の言葉、「人間は生の最後の瞬間まで、誰かに何かを与える事ができます」を引用したが、まさにこのエッセイの趣旨そのままだ。

生かされている限り、他の人に幸せをもたらす存在として、今日を神様からいただいたプレゼントとして生きよう。どんな事があっても空を覆う雲の上には青空があることを忘れないで。

竹下弘美

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
子育て・子供の教育・ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

2 Replies to “悲しみをシェアすると、それは半減し、幸福をシェアすると倍加します。”

  1. 又、素晴らしい話でした。私も今日、静かにベットの中、当分おとなしくしていなければならない状態に置かれていますが、こうして静かに心温まる話は68歳になった私にとって必要な神さまからの誕生プレゼントです🎁感謝ですね。

  2. 弘美さん
     「病院の窓」を読み進めていって窓際の人が無くなり奥の人が窓際に移り・・の件になり思わずウッとなり、涙が滲みました。感動しました。
    人間は生の最後まで誰かに何かを与える事が出来る・・・か。
     そういう人間になり生を全うしたいものです。
        ガリ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA