Power of Hat―帽子の持つ威力

帽子好き

いつのころからか帽子が好きになりました。今思うときっかけは、娘の結婚式のため、花嫁の母としてカクテルハットを探した際、割と安くすてきなのが買えることを発見したことによります。その時の帽子は顔にベールがかかるものでした。似合うなどと言われてその気になったのでしょう。

それ以来、どこかに旅行すると必ず、お土産屋さんでは帽子に目がいきます。そして手ごろな値段だと倹約家の私ですのに、すぐ買ってしまうのです。また気に入った帽子を被っている人を見ると、追いかけていってどこで買ったか、訊きます。

収納に困るくらいあるので、型が崩れないように、車の中を収容場所にしている始末です。お気に入りの一つは99セントストアで1ドル99セントだったものです。

これはいただいた物ですが、私があまり気に入っているので、その方が笑いながら値段を教えてくれました。高い物が良いとはかぎりません。

息子が住んでいるニューヨークでは帽子が割と安く買えるので、行く度に必ず一つは買っています。道路に出ているベンダーなどから、良いのが見つかります。

この間は、20世紀初めの映画の中に出てくるような帽子を見つけました。つい買ってしまいましたが、その色に合う洋服がまだ無くてしまってあります

そのニューヨークのお店の袋がこの写真ですが、Power of Hatと書いてあります。帽子にそんな力があるのでしょうか?

たしかに日本でもイギリスでも皇族の女性は必ず、お洒落な帽子を被りますね。そうすると威厳が出てくるようです。それが Power of Hat なのでしょうか。男性も帽子を被っていると正装という感じがします。

World Hats Mart

最近、町の紹介情報誌からWorld Hats Martというお店が我が家の近くにあるのを発見。すぐ行ってみました。なるほど、こんなに多くの帽子を売っているお店は今まで見たことがありません。

店主のおじさん、おばさんは韓国人。結構、人は入ってきますが、買う人はなかなかいないようです。私の悪い性分で、見にいっただけなのに買わなければ悪いような気がして、値段が安いこともあり、また、買ってしまいました。

こんなに帽子を持っていてどうしたら良いのでしょう。もちろん、普段歩く時に着ている物に合わせて使い分けていますが、カクテルハットは正式の時のものです。

もう娘と息子の結婚式は済んでしまったので、せいぜい威厳を持ったおばあちゃんとして孫の結婚式に臨む時に被ることとしましょうか。Power of Hat の威力が発揮できるでしょうか。それには長生きしなければなりません。

皇族方のあの独特な手の振り方を練習し始めましょうか。

竹下弘美


にほんブログ村 「心のやすらぎ」ブログ へ
ライフスタイル・心のやすらぎ・ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

“Power of Hat―帽子の持つ威力” への2件の返信

  1. 弘美さん
     え~っと、あの~、これ貴女の事ですよね。え~ッとあの~、貴女が帽子をお被りになっているのを見たことがないのですが・・?
    そのお顔で帽子…お似合いでしょうね。帽子の似合う方が羨ましい!
    それで皇族の手の振り方をされたら、まさしく皇族様ですね。
     頭の大きいの、顔の大きいの、身長が低いのなどをカバーする帽子を教えてくださいナ。
       微人

  2. 今日は、読んでいるうちに噴出して笑ってしまいました。あの上品な弘美姉の車のトランクを開けたら、帽子がギッシリと詰まっているのを想像してしまったので!そう言えば、この頃の「さようなら!」という弘美姉の車中から手を振るしぐさが、皇族のどなたかとどことなく似て来たかも??? 気のせいか….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)