ズームを使って、コロナウイルス蔓延の中、皆で孫のバースデーを祝う

七歳の誕生日

孫のレオの誕生日、人が集まることが禁じられている昨今、どのように祝えるか、祖母ながら心配していました。母親である娘はケーキを家族で食べるだけにすると言うので、それでは「愛のひとさじ」を入れた祖母の私のケーキを作ってあげたいと申し出たところ、娘は老人の私や夫への感染を考えて絶対に買い物に出かけてはいけないと言います。

では私は何ができるでしょう?せめてバルーン(風船)を持って行って家の前でガラス越しに見せることぐらいさせて欲しいと提訴、でもこれも却下。風船を買いにいくなどとはもってのほかだと言うのです。それには訳があり、肺癌でようやく命を取り留めた夫の免疫力の低下への配慮です。

ではプレゼントはどうしようと相談すると、レオの好きなものをインターネットでオーダーしてくれるというのです。こちらとしては楽ですが、なんだか、不完全燃焼のような割り切れない気持でした。

当日

娘の家は我が家から(車で)9分のところなので、ガラス越しにお誕生日のお祝いを言いたいと思ったところ、インターネットでのズームで午後2時に親戚中が顔合わせできるから、そうして欲しいとこれも門前払い。すでに孫の友達には家の前に立ち寄ってガラス越しに会ってくれるように頼んであると言うのです。このようにパーティーフェイバー(引き出物)まで用意してあると写真を送ってきました。

今度の誕生日のテーマはレオの好きな「トイ・ストーリー4」です。パーティフェイバーもレオ自身が着るものもすべて「トイ・ストーリー4」の中の主人公、ウッディです。そういえば、この前彼と「トイ・ストーリー4」のDVDを一緒に観ました。

2時になりました。ズームというビデオ会議方式は初めてです。いつもラインを使って北カリフォルニアの友人たちと聖書クラスはしていますが、ズームを使うのは初めてでした。

始めコネクションがよくありませんでしたがレオの父親側の親戚が多く集まり、レオのおばさんに当たるつまり、婿の妹は産婦人科の医者なので、ブルックリンの病院で出産を待ちながらの時間に参与し、途中で患者の出産になって抜けました。

私の幼少のころ、こんな時代が来るとは考えられないことでした。このズームでのお祝が終わった後も友人達がガラス越しにお祝いに来てくれたそうです。

レオの7歳の誕生日は彼の生涯でとても記念すべきものとなるでしょう。
「7歳の誕生日は大変だった。でも今はもうそのウイルスは発明されたお薬で存在しない」と、かつての肺病のように言える将来が来ることを切に祈ります。

(PS)娘が私達からレオへのプレゼントとして手配してくれたのはウッディのお人形でした。

竹下弘美


にほんブログ村 「心のやすらぎ」ブログ へ
ライフスタイル・心のやすらぎ・ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。

“ズームを使って、コロナウイルス蔓延の中、皆で孫のバースデーを祝う” への3件の返信

  1. Leo 君お誕生日おめでとう🎂
    君は 愛されるため生まれた
    君の生涯は愛で満ちている。
    優しい御両親と祖父母、そして沢山のお友達が祝ってくれた7歳のお誕生日^_^良かったね。

  2. 本当に恐ろしい時代になりましたね。まるで以前観たことある映画そのものです。こちらも会社が休みだからサンディエゴの孫に会いに行きたくても行けず、毎日携帯で顔を見て話すだけ。これはしばらく続くのではと思います。御元気で!

  3. 私の孫娘は4月13日が誕生日です。でも、行くことは出来ません。
    ズームで・・という事も私の技術では到底無理です。スカイプも使いこなせません。
    仕方なくカードにお祝いを添えて郵送することだけはしました。会いたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)